Author Archive

発達の気になるお友達の為の「こどもプラス姫路教室」お願い!

2020-12-26

新型コロナウィルスの猛威が止まりません。そんな中、感染してしまった方・医療従事者・福祉関係の従事者等々に対する、差別や偏見、誹謗中傷があるとの報道があります。感染者もリスクがある行動をした方ばかりではありませんし、医療や福祉従事者も私たちの健康を守るために、日々激務に追われています。

そんな中、差別・偏見・誹謗中傷をしている方がいるとすれば、いつ何時誰が感染してもおかしくない中、もしあなたが感染した場合は、同じように差別・偏見・誹謗中傷されても良いのでしょうか、又、医療・福祉従事者に看護する事をお願いできるのでしょうか。医療・福祉従事者はそんなことがあっても、平等に看護をしています。

そこで、皆さんにお願いです。絶対に差別・偏見・誹謗中傷する事は絶対にやめてください。

それと、医療現場が疲弊し危機的状況になっているのも事実です。我々にできる事は、持ち込まない・持ち帰らない事が重要です。年末年始に様々なイベントがあり、楽しく過ごしたいことが目白押しですが、新型コロナに年末年始休暇はありません。自分だけは、感染しないだろう、少しくらいならと思いがちですが、その考え改め、感染症対策特に、マスクの着用・食事は喋らず距離を置いて行う・手洗いうがい・手指消毒・不要不急の外出は避けることを、最低限の行動として行ってください。

我々がかかわる、全ての人にも、全世界の方にも、つらい思いはしてほしくありません。

皆で力を合わせて、新型子コロナに立ち向かい、1人でもつらい思いをしない様にしましょう。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号079-243-3100 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • 発達の気になるお友達の為の放課後等デイサービス「こどもプラス姫路教室」少し怖いお話Ⅱ

    2020-06-22

    以前にも、投稿をさせて頂いた、「ゲーム依存」「ゲーム障害」について、本日の新聞記事に出ていましたのでご紹介いたします。

    オンラインゲームやテレビゲームのやり過ぎで日常生活が困難になる「ゲーム障害」に対応するため、消費者庁が全国の消費生活センターの窓口機能を強化し、当事者や家族からの相談を医療機関や民間支援団体に確実につなぐ仕組みを、本年度中に整備する方針を固めたことが21日、関係者への取材で分かった。
     ゲーム人口は増加し、最近では外出自粛や休校の影響もあり、未成年者を中心にゲーム依存の深刻化が懸念されている。消費生活センターへの相談も増加。高額な課金に関する内容や「子どもがゲームをやめられない」など依存症が疑われるものも多く、国として初めて相談体制の整備に乗り出した。

    ついに、国も動き出しました。
    我々も、すべてを否定することはありませんが、「ゲームをしていると集中してくれて手が離れてくれる」「ゲームをさせないと、癇癪を起す」等々、様々な理由でゲームを持たせてしまってはいませんか?
    少し冷静に考えてみてください。

    兵庫県 姫路市 放課後等デイサービス こどもプラス姫路教室
    〒672-8051 兵庫県姫路市飾磨区清水2丁目103番地 (中部飾磨公園南側)
    TEL:079-243-3100  FAX:079-243-3101 
    mail: info@kp-himeji.com

    柳沢運動プログラム
    運動あそびを中心に療育を行う教室です。
    特に発達障害
    広汎性発達障害、アスペルガー症候群、自閉症
    小児期崩壊性障害、レット症候群、ダウン症
    ADHD(注意・欠陥多動性障害)、LD(学習障害)
    発達の気になるお子様の療育・支援を行います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号079-243-3100 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • 発達の気になるお友達の為の放課後等デイサービス「こどもプラス姫路教室」頂きました!

    2020-05-29

    新型コロナウィルスの影響で、一時は入手が困難になり、布製マスクや政府から支給して頂いたマスクを使っていましたが、
    最近では、少し入手がしやすくなっていますが、それでも以前に比べると、まだまだ高いのかなと思い、躊躇することもあります。

    そんな中、姫路市さんから大人用マスクを配布頂きました。本当にありがとうございます。
    それと、東ちずるさん等が主催する団体から、大人用・子供用のマスクのご寄付を頂きました。ありがとうございます。
    そのマスクを、ご利用者様に向けてお配りを開始いたしました。

    ご利用者様も保護者様も、まだまだ新型コロナウィルス対策で武器になる、マスクや消毒液は欠かせないものです。
    色んな形で、皆様から支援をして頂き、何と言ってお礼をすればいいのかわかりません。

    私どもにかかわるすべての方に対し、この場をお借りしてお礼を申し上げます。
    本当にありがとうございます。

    イクサス株式会社 こどもプラス姫路教室 職員一同

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号079-243-3100 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • 発達の気になるお友達の為の放課後等デイサービス「こどもプラス姫路教室」体調がおかしいと感じたら。

    2020-05-09

    厚生労働省が、新型コロナウィルス感染に関して、これまでの指針を変更いたしましたので、お伝えいたします。

    厚生労働省は8日、新型コロナウイルス感染に関する相談・受診の目安について、「37.5度以上の発熱が4日以上続く」との表記を削除した新指針を公表した。

     息苦しさや強いだるさ、高熱のいずれかの症状などがあれば、保健所に設置された帰国者・接触者相談センターにすぐに相談することを求めた。同日付で都道府県などに通知した。

     従来の目安では、「風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く」「強いだるさや息苦しさがある」のいずれかに該当する場合、同センターに相談するとした。しかし、「37.5度」という数字の印象が強く、感染を疑われる人が相談・受診を過度に控えているとの指摘があった。また、目安に該当しないとして診察やPCR検査が受けられないケースもあったとされ、厚労省は見直しを進めていた。

     新たな目安では、「息苦しさ、強いだるさ、高熱などの強い症状のいずれかがある」「高齢者や基礎疾患がある人で、発熱やせきなどの比較的軽い風邪症状がある」「比較的軽い風邪が続く」の3項目を設定。一つでも該当すればすぐに相談するよう呼び掛けた。味覚・嗅覚障害については、専門家間の合意がないとして明記しなかった。

     重症化しやすい高齢者らについて、従来は風邪の症状などが「2日程度続く場合」としていたが、新指針では、比較的軽い風邪の症状があればすぐに相談すべきだとした。高齢者らでなくても、比較的軽い風邪の症状が4日以上続く場合は必ず相談するよう求めた。 

    ちなみに、姫路市の帰国者・接触者相談センターの連絡先は、
    電話番号:079-289-0055 (8時35分から21時00分まで)です。

    兵庫県 姫路市 放課後等デイサービス こどもプラス姫路教室
    〒672-8051 兵庫県姫路市飾磨区清水2丁目103番地 (中部飾磨公園南側)
    TEL:079-243-3100  FAX:079-243-3101 
    mail: info@kp-himeji.com

    柳沢運動プログラム
    運動あそびを中心に療育を行う教室です。
    特に発達障害
    広汎性発達障害、アスペルガー症候群、自閉症
    小児期崩壊性障害、レット症候群、ダウン症
    ADHD(注意・欠陥多動性障害)、LD(学習障害)
    発達の気になるお子様の療育・支援を行います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号079-243-3100 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • 発達の気になるお友達の為の放課後等デイサービス「こどもプラス姫路教室」 『救世酒』現る!

    2020-05-07

    当事業所に『救世酒』現る!

    我々の事業所には、守るべき人が沢山います。
    来所してくれている子供たち、こども達を守る職員たち・その先におられる保護者様や地域の方々。
    普段から、衛生管理には気を付けているのですが、新型コロナが流行し、更に気を付けなければならない様になりました。

    特に医療従事者の方々が最前線で自身のリスクも顧みず、頑張っておられる姿に、本当に感謝しかありません。

    我々児童福祉のみならず、福祉に携わる方々にとっても他人事ではありません。誰かが感染するとと考えると・・・
    そんな中、我々も武器をもって新型コロナに対応する事が必要です。
    先ずは、『マスク』やっと手に入りやすくなり出しました。『ハンドソープ』これも手に入りやすいですね。
    しかし、『消毒用アルコール』これが手に入りません。しかも、教室で使う消毒液は、消毒後子供たちが触れても、手指消毒しても、おもちゃや設備全般に利用しても、安心な原料を使用しているアルコール。直ぐに揮発するので子供がすぐに触っても安心です。

    その武器が、だんだんと手薄になりかけていたのですが、我々のもとに、『救世酒』が現れました。
    仕込んでいるられるお酒の材料をさらに蒸留し、アルコール度数77%まであげた消毒に適したお酒を、なんと、地元の酒蔵の本田商店『龍力』さんが製造し、分けて頂く事ができました。

    地元の酒蔵さんが、福祉事業者向けに作ってくれた最高の武器です。
    大切に使わせて頂きます。

    今回、大変お世話になった、本田専務やご対応頂いた方々、我々の頑張る原動力にもなります。

    こどもたち・職員一同、本当に感謝しております。ありがとう御座います。.

    兵庫県 姫路市 放課後等デイサービス こどもプラス姫路教室
    〒672-8051 兵庫県姫路市飾磨区清水2丁目103番地 (中部飾磨公園南側)
    TEL:079-243-3100  FAX:079-243-3101 
    mail: info@kp-himeji.com

    柳沢運動プログラム
    運動あそびを中心に療育を行う教室です。
    特に発達障害
    広汎性発達障害、アスペルガー症候群、自閉症
    小児期崩壊性障害、レット症候群、ダウン症
    ADHD(注意・欠陥多動性障害)、LD(学習障害)
    発達の気になるお子様の療育・支援を行います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号079-243-3100 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • 発達の気になるお友達の為の放課後等デイサービス「こどもプラス姫路教室」 身を守る為!

    2020-05-04

    GWに入りましたが、新型コロナウィルスの影響で、生活にも少なからず影響が出ている事かと思います。
    皆様に、再度ご注意をして頂きたく、メッセージをさせて頂きます。

    注意事項のおさらいをしておきます。
    1、不要不急の外出は絶対に避ける事(日々の買物自体も出来るだけ少人数で)
    2、行動するたびに、マスクの着用・手洗いうがいの徹底。
    3、接触部の徹底除菌。
    4、朝昼晩に出来るだけ、家族全員の検温。
    5、ストレスを貯めない様に、質の良い睡眠・栄養補給・水分補給・適度な運動、身体を冷やさない等の免疫力を付けるようにする事。
    6、体に変調があった場合、病院に直ぐに行くのではなく、かかりつけ医に相談し、行動する様にして下さい。
    最低限、行うべき事ですので、やり過ぎという事はありませんので、実践してください。

    既に、緊急事態宣言が出て約1カ月が経ち、本日中にも1カ月の延長が発表される事になっています。人間は、今の状況に『馴れ』てきたころに、自分だけは良いか・少しくらいなら良いかと考えがちです。

    GWに入り、皆休みだから、みんなでお出かけするか、外だから大丈夫か等々考えがちですが、今が我慢のしどころですので、もし、万が一、その様に思ってしまう事がある様なら、たった今この瞬間から、こども達の命・家族全員の命・関わる全ての人の命・そして自身の命・それを支える医療現場の方々を守る為にも、意識を変えていきましょう。

    教室も、出来る限りのお手伝いをしますので、ご相談何なりとお申し出ください。
    頑張ろう姫路!頑張ろう日本!

    兵庫県 姫路市 放課後等デイサービス こどもプラス姫路教室
    〒672-8051 兵庫県姫路市飾磨区清水2丁目103番地 (中部飾磨公園南側)
    TEL:079-243-3100  FAX:079-243-3101 
    mail: info@kp-himeji.com

    柳沢運動プログラム
    運動あそびを中心に療育を行う教室です。
    特に発達障害
    広汎性発達障害、アスペルガー症候群、自閉症
    小児期崩壊性障害、レット症候群、ダウン症
    ADHD(注意・欠陥多動性障害)、LD(学習障害)
    発達の気になるお子様の療育・支援を行います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号079-243-3100 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • 発達の気になるお友達の為の放課後等デイサービス「こどもプラス姫路教室」

    2020-01-04
    新年明けましておめでとうございます。
    旧年中は格別のお引立てを賜り厚く御礼申し上げます。
    本年も倍旧のご愛顧のほどひとえにお願い申上げます。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号079-243-3100 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • 発達の気になるお友達の為の放課後等デイサービス「こどもプラス姫路教室」ゲーム 少し怖いお話。

    2019-10-08

    子供たちが大好きな、テレビ・ゲーム・スマホ・ネット等々の娯楽について、WHO(世界保健機関)も発表されている内容を下記に記載します。

    子どもの能力を伸ばすのとは逆に、子どもの可能性を奪うものがあります。それはテレビやビデオの長時間視聴やゲームです。とくに、発達障害の子はゲームを一度やり始めると、定型的な発達をしている子どもよりものめり込みやすい傾向があるので、注意が必要です。

    テレビやビデオを長時間観ることによって、言葉の発達に遅れが出たり、他者とのコミュニケーションに問題が生じたりするという報告はこれまでに多くされています。

    米国小児科学会は「2歳以下の子どもにはテレビを見せないように」という内容の勧告を1999年と2001年に出しています。これを受けて、日本小児科学会こどもの生活環境改善委員会も次のような提言を2004年に出しました。

    1.2歳以下の子どもには、テレビ・ビデオを長時間見せないようにしましょう。内容や見方によらず、長時間視聴児は言語発達が遅れる危険性が高まります。

    2.テレビはつけっぱなしにせず、見たら消しましょう。

    3.乳幼児にテレビ・ビデオを一人で見せないようにしましょう。

    4.授乳中や食事中はテレビをつけないようにしましょう。

    5.乳幼児にもテレビの適切な使い方を身につけさせましょう。

    見終わったら消すこと。ビデオは続けて反復視聴しないこと。

    6.子ども部屋にはテレビ・ビデオを置かないようにしましょう。

     

    アメリカの州によっては、テレビなどのディスプレイのある保育園は認可されないほど、ディスプレイの存在が警戒されています。人間はテレビ画面などのディスプレイから情報を読み取ることはできますが、あくまでバーチャルのものとして脳が処理しています。目は画面を見ていたとしても、モノとしては見ていません。

    ディスプレイで文章を読んでいると、目で追ってはいたけれど、まったく意味が頭に入ってこなかったという経験のある方もいるでしょう。

    本物と映像に対する、赤ちゃんの反応の違いを示す実験があります。すでに歩ける条件が揃っているけれど、まだ歩きださない赤ちゃんに、同じ月齢で歩いている赤ちゃんの等身大のライブ映像を見せたときと、実物の赤ちゃんを見せたときの反応の違いを観察した実験です。

    等身大のライブ映像を見ても、赤ちゃんはとくに反応しませんでした。ところが、実物の赤ちゃんが歩く様子を見せたところ、真似をして歩きだしたというのです。

    また、リアルとバーチャルの授業の学習効果の違いを示す実験もあります。被験者をAとBの二つに分け、中国語の授業を受けてもらいます。Aグループは、直接先生から授業を受けます。Bグループは、隣の部屋でAグループと同じレッスンを同じ時間に、ライブ映像で受けます。すると、その学習効果には、はっきりと差が見られました。

    ライブ映像で学んだBグループより、先生から直接学んだAグループの方が、よい成績をおさめたのです。これらの実験から、ディスプレイの映像の精細度がどれほど本物に近づいたとしても、脳の受け取り方は本物と映像とでは違うのだということがわかります。

     

    また、ゲームに関しては、WHOによりゲーム依存症が「ゲーム障害」として国際的に疾患として認められました。2018年6月に公表された改訂版国際疾病分類「ICD-11」の最終案に明記され、2019年5月のWHO総会で正式決定されています。

    ゲームをしているとき、人間は刺激に対して反射的に反応するような、は虫類の脳を使っています。そうすると、レーシングサーキットのように同じところをぐるぐると周回するような脳の回路になってしまいます。そして、次第に人の気持ちを想像することなどができなくなってしまいます。

    さらに、ゲームは時間もお金も費やさずにはいられないように設計されています。もともと依存するようにつくられているので、一度ゲームをやりはじめた子どもにやめなさいと言っても、なかなか言うことを聞きません。そのため、子どもにはできるだけ触れさせないようにするのが得策です。

    時間を決めてやりましょう、などとアドバイスがされることがありますが、時間を決めてやめられるなら、依存症は存在しません。ゲームは自力ではやめられないのだということを前提として、できるだけ与えないようにすることです。

    とはいえ、完全にシャットアウトするのは難しいものです。依存症にならないための方策としては、「毎日やらせない」という手があります。ゲームをしてから3日分の時間をおけば、依存症にならないとされています。

    1日やったら、次は4日後まで絶対に触らせないというルールを徹底すれば、依存症に陥ることを防ぐことができます。せっかくの子どもの才能を潰さないためにも、発達に悪影響を与える可能性のあるゲームはできる限り遠ざけ、幼児のテレビの視聴は、お母さんが食事の支度をする数十分の間などにとどめるようにするのがよいでしょう。

     

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号079-243-3100 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • 発達の気になるお友達の為の放課後等デイサービス「こどもプラス姫路教室」東京大学研究グループの発表!

    2019-06-11

    運動療育を柱に、運営を行っています「こどもプラス」ですが、気になる記事を見つけましたので、ご紹介してみたいと思います。

    薬品作用学教室の研究グループは、自閉症モデルマウスを用いて、自閉症の治療における運動の有効性を示しました。。本研究成果は、2019年6月4日付けでCell Reportsオンライン版に掲載されました。

    発達障害の一つ、「自閉症スペクトラム障害」に似た症状が出るマウスに運動をさせると症状が改善した、とする研究成果を東京大学のグループがまとめ、新たな治療法の開発につなげたいとしています。

    自閉症スペクトラム障害は、脳の神経細胞どうしのつなぎ目の不全が一因でおきると考えられていて、主な症状として、社会的なコミュニケーションが苦手だったり、同じ行動を何度も繰り返したりすることが知られています。

    東京大学大学院の小山隆太准教授らのグループは、毛繕いを何度も繰り返すといった自閉症に似た症状が出るマウスを、1か月の間、運動器具で自由に運動させました。

    そして運動をさせていないマウスと比較したところ、毛繕いを繰り返す時間はおよそ半分となっていて、症状の改善が確認できたということです。

    脳を調べたところ、「シナプス」と呼ばれる神経細胞のつなぎ目のうち、活動が弱いつなぎ目を脳内の免疫細胞が取り除くメカニズムが正常化していたということです。

    グループは、運動によってメカニズムが働くようになり、症状の改善につながった可能性があるとしています。

    小山准教授は「運動が有効である可能性を示すことができた。将来的に新しい治療法の開発につなげたい」と話しています。

    如何でしょうか。運動には子供たちにとって重要な要素(心・身体・脳を育てる)が含まれています。一度に何もかもが解決する事はありませんが、スモールステップで子供たちの支援をしていきます。

     

    兵庫県 姫路市 放課後等デイサービス こどもプラス姫路教室

    〒672-8051 兵庫県姫路市飾磨区清水2丁目103番地 (中部飾磨公園南側)

    TEL:079-243-3100  FAX:079-243-3101 

    mail: info@kp-himeji.com

     

    柳沢運動プログラム

    運動あそびを中心に療育を行う教室です。

    特に発達障害、広汎性発達障害、アスペルガー症候群、自閉症

    小児期崩壊性障害、レット症候群、ダウン症

    ADHD(注意・欠陥多動性障害)、LD(学習障害)

    発達の気になるお子様の療育・支援を行います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号079-243-3100 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • 発達の気になるお友達の為の放課後等デイサービス「こどもプラス姫路教室」職員さん大募集

    2018-11-22

    現在、パート・アルバイト(大学生・専門学校生可)の募集をしています。

    業務拡大につき募集致します!

    初めてでも、こどもが大好きな方なら大丈夫です。

    詳細については、下記のフォームよりお問い合わせください。
    保育士・学校教諭・大学で社会福祉、心理、教育学部在学中又は卒業されている方・児童指導員任用資格・理学療法士・精神保健福祉士・准看護師・看護師等 有資格者優遇いたします。
    ※無資格の方でも、やる気のある方なら、ご応募頂けます!
    時間帯:平日13:00~19:00の間 (週2~3日でもOK)
        土曜祝日・学校休業日:8:30~17:30の間 (4~5時間OK)
        ※就業日数・時間ご相談ください。
    時 給:900円~1300円+資格手当50円~100円 通勤費15,000円/月まで
    運転免許証・・・要(AT可) ※社用車にて送迎業務有
    休 暇:日曜日(定休日)・夏季休暇・冬期休暇・誕生日休暇(有給)・有給休暇 有
    ※育児・家庭等(学校行事等)事情でのお休みを、比較的取りやすい職場です。(要事前申告)
    就業時間により各種保険加入可
    こどもが大好きな人なら、未経験でも大丈夫です! 丁寧に指導いたします。
    一緒に、子供達の為に、楽しくお仕事をしませんか!
    あなたにお逢い出来ることを、楽しみにしております。
    ※1、下記のフォームに必ず連絡先を入れてください。
    ※2、資格のある方は、どの様な資格をお持ちか記入ください。

      お名前 (必須)
      メールアドレス (必須)
      内容 (必須)

    • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号079-243-3100 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
    • « Older Entries

      ▲page top