発達の気になるお友達の為の放課後等デイサービス「こどもプラス姫路教室」発達にとって大切な事

2018-10-08

本日は、お友達にとって「発達にとって大切な事」をお伝えしたいと思います。

姫路では、10月に入り各地で秋祭りが開催されています。こどもプラスに来てくれているお友達の中にも練習等で忙しくしている子も多くいます。

そんな中で、学校から来所してくれたお友達の中には、楽しみに来てくれているにもかかわらず、疲れて眠そうなお友達が居ます。

よく話を聞いてみると、「昨日、遅くまでゲームが楽しかったから」「面白いテレビがあって最後まで見て」等々で睡眠不足になっているお友達がいる様子でした。

この、睡眠不足は成長ホルモン「脳・身体等の発達」に特に重要で、午後9:00~深夜2:00にかけてが一番多く出ているとの報告もあります。その時間に起きていると言う事は、睡眠時に多く出ているのですから、折角成長ホルモンが出るタイミングなのに、阻害していると言う事になります。折角、こどもプラスで運動あそび等で「脳・身体」を育てるプログラムを実施しても、成長が遅くなることも考えられます。

良質な睡眠(質・量・リズム)が整わないと発達障害に見られる症状が出て来る事も解かっています。

そこで、下記の様な記述が御座いましたので、ご一読ください。

 

脳科学研究の進歩とともに、乳・幼児期における子どもたちの睡眠(質・量・リズム)発達が脳の発育・発達、ひいては学習意欲や学力に大きく関係していることが明らかになりました。また、乳・幼児期の睡眠障害は子どもたちの運動や言葉の発達を遅らせ、注意欠如多動性障害(AD/HD)やコミュニケーション障害をもたらし、自閉症とよく似た症状を呈することが報告されています。更に、乳・幼児期の睡眠障害は成人に至るまで持続してしまう可能性が現実のこととして心配されています。

また学童期以降における「不登校状態や引きこもり」は「こころ」の問題としてカウンセラーに全てが一任されるべきものではなく、睡眠の質・量・リズムの障害による「脳機能低下」という医学的な問題が潜んでいることが明らかになっております。

この記述は、こどもの睡眠と発達医療を専門に行っている機関のものです。(詳しくはこどもプラス姫路教室迄)

本教室でも、規則正しい生活を送る事を啓発していますが、皆様におかれましては、しっかりと管理されているかと思いますが、再度生活リズム・質等の見直しをして下さい。

 

兵庫県 姫路市 放課後等デイサービス こどもプラス姫路教室

〒672-8051 兵庫県姫路市飾磨区清水2丁目103番地 (中部飾磨公園南側)

TEL:079-243-3100  FAX:079-243-3101 

mail: info@kp-himeji.com

 

柳沢運動プログラム

運動あそびを中心に療育を行う教室です。

特に発達障害

広汎性発達障害、アスペルガー症候群、自閉症

小児期崩壊性障害、レット症候群、ダウン症

ADHD(注意・欠陥多動性障害)、LD(学習障害)

発達の気になるお子様の療育・支援を行います。

 

 

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号079-243-3100 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • ▲page top